歌うメッセンジャー「綿引ゆう」のブログ

ボーカリストの日常を綴っていきます。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。無料メルマガ配信中!

About me

こんにちは!歌うメッセンジャー、綿引ゆうです。
茨城在住ボーカリスト。Jazz,ポップスなど幅広く歌っております。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。
無料メールマガジン配信中!

アトリウムコンサート、番外編

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

歌うメッセンジャー 綿引ゆうです^_−☆

アトリウムコンサート、番外編

昨日は、自分の気持ちしか書いておりませんでしたね^_^;

あのコンサートの舞台裏で、実はいろんな事がおこってたのですよー。


まず、当日朝、余裕をもって会場入りした途端、たいへんな事に気づく
!(◎_◎;)

楽譜一式忘れた∑(゚Д゚)

これは、どーいうことを意味するかと言えば、お察しのとおり、演奏ができないということ…。

今からうちに取りに戻れば、開演時間までにはギリ間に合うか~。でも、サウンドチェック、事前リハなど、全くできないよ~(T_T)

幸いにも、家族が在宅していたので、取り急ぎ車をとばして持ってきてもらう事ができ、事なきを得ましたm(__)m
ありがとう(T_T)
本当に冷や汗ものでした^_^;

リハ時間も短くなってしまい、共演の鈴木さんにも迷惑をかけてしまった。申し訳ありませんm(__)m

楽譜は1番大事なのにもかかわらず、なぜかうっかり忘れがちなもの…。
ほんと、代替え品などないのだから、絶対忘れてはいけません。
心に刻まなければ…。

それから、もう一つ。
私たち演奏者は、日々体調管理に気をつけ、最高の演奏ができるよう心がけてはおりますが。それでも、生身の人間ですから、突然体調を崩す事もあります。

今だからお話しできますが、共演のSaxの鈴木さんが急病で、この日の演奏もできるか危ぶまれる事態になっていました。

最悪、私がソロでやる覚悟をしました。何曲か曲を変更すればいいかと、不思議と心が決まり、穏やかに対処する事ができました。

いろんな心配をよそに、当日、元気に会場に現れ、体調不良だったとは思えない、素晴らしいSaxでお客様を酔わせる鈴木さん。
そのミュージシャンとしての姿に私もすごく感動しました(T_T)
本当によくやってくれました。
ありがとう、鈴木さん!

こんな事があり、無事に全ての演奏ができた事を、心より感謝しました。
直前までいろんな事があったけど、今できるベストを尽くそうと、そこに集中する事ができました。
どんな窮地でも、あきらめずに取り組む事で、最終的にはいい方向に進んでいくのね。
たくさんの人に支えられて助けられて生きてる。
そう感じられた事が、最高の収穫でした。

こんな事態の時、私が、ピアノを弾かないボーカルだったら、もっと慌てて代わりの伴奏者を探したり、メンタルの整理を含めたいへんな事だったと思います。
本当に、弾語りをやっていてよかった。1人で演奏する形を持っている事は、かなりの強みなのではないかと、改めて感じた次第です。

支えてくださった皆さん、ありがとうございました。

そして、水戸プラザホテルの大竹さん。
細かい心配り、嬉しかったです。
たいへんお世話になりましたm(__)m

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yuuwatahiki.com/tb.php/225-a7e140bd