歌うメッセンジャー「綿引ゆう」のブログ

ボーカリストの日常を綴っていきます。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。無料メルマガ配信中!

About me

こんにちは!歌うメッセンジャー、綿引ゆうです。
茨城在住ボーカリスト。Jazz,ポップスなど幅広く歌っております。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。
無料メールマガジン配信中!

ピアノ弾き語りをするようになって、変わったこと

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

歌うメッセンジャー綿引ゆうです。

ピアノ弾き語りをするようになって、変わったこと。
お店に入るとすぐ、ピアノの位置をチェックするようになったことですかね。

グランドピアノの場合は、ほぼいい位置になっているけれど。
問題はアップライトピアノの時。
だいたい、壁にくっつけてピアノを置くので、
これだと、お客様に背を向けての弾語りとなってします場合があります。
これは、ものすごく残念な感じですよね。
後は、共演者がいる場合、その方とのアイコンタクトがとれる位置でないと演奏しにくいというのもあります。壁にピアノが面していると、アイコンタクトが本当に取りにくい。
ポジショニングはホントに大事です。
お客様からみてのビジュアル的な事、共演者とのアイコンタクトのしやすさなど考えると、
持ち込みのキーボードの方がよいかななんて考えたりもします。
でも、ピアノの音をこよなく愛する私は、できればピアノが弾きたいのですよ。
悩ましいかぎりです(−_−;)

来週演奏ををする水戸プラザホテルさんも、そのままだと完全に後ろ姿で勝負しなければならない感じでしたが、ピアノ移動してもよいとの了解を得て、いいポジションにしていただきました。
なんでも、弾き語りで演奏した方は今までいなかったらしいのですよ。
この場所でどんなふうに演奏するか、ただ今、思案中です。

歌だけ歌っていたときは、こんなこと考えたこともなかったな。
マイク持って自由に動けるから、好きなところで歌えばいいし、お客様に背を向けて歌うなんてことは、まずあり得ない。(奇抜な演出としてはありかもしれないけど。)
自分のやりたいステージをイメージして、それと違ってもイメージに近づけるよう交渉してだなんて考えた事もなかったし、とても無理だとあきらめていたのですが…。
思い切って、こういう風にやりたい!と伝えてみると、えっーーーとか言いつつも、みなさん協力してくれたり、私のために動いてくれるのです。本当にありがたいことです。
感謝、感謝です!!

たいへんだけどとってもやりがいのある演奏活動は、いつのまにか私のライフワークとなっております。
共演の皆様、スタッフの皆様、いつもお世話になります。ありがとうございます。
よりよいステージを作るために精進してまいりますので、サポートよろしくお願いいたします。
そして応援してくれる皆様、いつもありがとう!!
綿引は、いつも何か新しい何かに取り組んでいきますよ。
温かい目で見守っていてくださいね。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yuuwatahiki.com/tb.php/182-85c91be8