歌うメッセンジャー「綿引ゆう」のブログ

ボーカリストの日常を綴っていきます。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。

About me

こんにちは!歌うメッセンジャー、綿引ゆうです。
茨城在住ボーカリスト。Jazz,ポップスなど幅広く歌っております。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。
ジャズの好きな方も歌の好きな方も、ゆっくりくつろいでいってくださいね。

リハしてきました!

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

今週末のライブのリハをしてきました!

弾き語り+Saxの編成での初ライブ!という事で、
しかも初共演の鈴木貴則さんとのDuoと言う事で、
かなりドキドキしながらのリハでした。

新しい事をするというのは、かなり脳にいい作業だと思います。
脳がフル回転している感じ。

私は、ピアノ以外の楽器にほぼ触ったことがなく、
管楽器について何もしらないのです。
Saxという楽器をまず知る事から始めないと・・・。
「E♭管だから、Cの楽譜だと大変・・・」
知識では知っていましたが、実際にお話をきき、
自分でやってみようと思ったら、えらいこっちゃ!!!
Cの普通の楽譜だと、短3度頭の中で移調しながら、演奏してるわけなんですね。
同じ曲演奏してても、見ている世界がこれほどまでに違うのですね、、、。

今までCの楽譜を当たり前のように渡し、演奏者の皆様はCの楽譜で当たり前のように演奏してますが、
実はすごい事だったんだと改めて感じました。
そういえば、クラリネットの山本太郎さんは、
「Cの楽譜に慣れすぎて、もうクラリネットの楽譜持ってこられるとかえって混乱する。」
とおっしゃっていたのを思い出しました。

もちろん、鈴木さんは初見での楽譜にはものすごく強い!!!(見習わなければ)ので、
Cの楽譜でも問題はないのですが、
よりよい演奏をするには、Sax用の楽譜のほうがよいのだそうです。

幸い私は楽譜をパソコンで作っているので、ワンタッチで簡単に移調ができます。
パソコンって便利だわーー。
今まで自分の歌にあわせて移調するだけでしたが、こういう風に使ったりもするんですね。
ワンタッチでボンと短3度移調し、見事に早変わりしました!!


と達成感もつかの間…。
短3度上にしてしまった!(◎_◎;)
正解は短3度下でした。
E♭管はCを出すとE♭の音がでるのだから、下げないとピアノと同じ音にならないのですよ~。やり直します(T_T)

と、てんやわんやありましたが…。
それだけでなく、初めての方とお会いしお話するだけでも、刺激的なものです。
使っている音楽用語とか、言い回しとか、微妙に皆さん違うんですよね。
すごく勉強になります。

というわけで・・・。
今週末はペーパームーンでライブです!
私の弾語りをまだ聴いた事がない方。ぜひぜひ、足をお運びください。

7月12日(日)
@水戸Papermoon 3BOOKING LIVE
http://papermo-on.org/index.html
〒310-0021 水戸市南町1-4-18 松屋ビル3階
TEL 029-232-4100
table charge500円+1DRINK
19:00 OPEN
19:30「コトンところん」
20:30「綿引ゆう(Vo,Pf)&鈴木貴則(Sax)」
21:30「THE HONEY BEATS」

私達の出演は20:30~です!
お待ちしております(^o^)/

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yuuwatahiki.com/tb.php/170-e7a66ff7