歌うメッセンジャー「綿引ゆう」のブログ

ボーカリストの日常を綴っていきます。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。無料メルマガ配信中!

About me

こんにちは!歌うメッセンジャー、綿引ゆうです。
茨城在住ボーカリスト。Jazz,ポップスなど幅広く歌っております。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。
無料メールマガジン配信中!

原点にかえって発声練習!

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

レッスンの先生や、他人から言われる私の印象はだいたい同じ。
歌であっても、ピアノであっても、英語であっても・・・。
所詮、同じ人間のすることだから、何をするにもだいたいパターンが同じなのだと思う。

ピアノを弾くとき、力が入りやすいので、いかに力を抜くかを考えているけど、
そういえば、歌も同じようなこと考えてやってるよなー。

ってことは、「どのレッスンを受けても、いろんなものに応用ができるということなんだな。」
と、突然、気がついたのです。今更ですけど・・・。

今は、ピアノを基礎から学び直したいと思い、むかーし、むかしに学習したソナチネアルバムなどを引っ張りだして来て、弾いています。
一度は通って来た道。比較的容易に弾けてしまうので、とても気分よく弾いてしまいます。
そんな私への一言。
「どんな簡単なフレーズでも、いかに音楽的に弾くかを考えて!
聞いてる人がちょっとでも指の練習みたいに聴こえたらだめなんだから。」
本当に、先生は短い言葉で、今の私に必要な的確なアドバイスをくれます。

何気なく発声練習をしているとき、これがリフレインしました。
ドーミーソーミードー とか、こんなシンプルなフレーズをいかに音楽的に歌うかを考えろってことか!
いつもやってることは、正確にできるようになるかもしれませんが、
いつしかだんだん機械的になり、自ら感動する事がなくなります。
物理的には体を使って声を出していても、心や脳は動いていないのです。
それでは、人を感動させる音楽からは遠ざかってしまうんだなぁ。

「発声といえども、ちょっと変化をつけたり、楽しんでやってみよう!」
そんな事を思った一日でした。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yuuwatahiki.com/tb.php/156-c1e6c593