歌うメッセンジャー「綿引ゆう」のブログ

ボーカリストの日常を綴っていきます。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。

About me

こんにちは!歌うメッセンジャー、綿引ゆうです。
茨城在住ボーカリスト。Jazz,ポップスなど幅広く歌っております。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。
ジャズの好きな方も歌の好きな方も、ゆっくりくつろいでいってくださいね。

サテンドール、2度目の出演!

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

10月14日(火)サテンドール、4ボーカルのライブが終了しました(^o^)/


行く途中、高速バスで高速走行中、タイヤがパンクするというアクシデントに見舞われ、なんと大事なリハに遅刻してしまいました。皆様に、ご心配とご迷惑おかけいたしましたm(__)m
なんとかリハに駆け込み、皆さんに配慮して頂き、本番を無事向かえる事ができました。

そんな状況でむかえたライブでしたが、得るものが多い充実した時間でした。
なんといっても、素晴らしいバンドメンバーとの共演は、私にとってかけがえのない経験です!

青木弘武さん(pf),成重幸紀さん(B),井上尚彦さん(Ds),吉野ミユキさん(As)という豪華メンバーです(≧∇≦)

このライブでどうしてもやりたかった事!それは…4バース。なかなかカルテットで歌える機会はないし、またとないチャンスだと思いました。
今まで、ライブで4バースにチャレンジしたことがなかったので、初のチャレンジです。
曲は、It don't mean a thing !

リハでこのカルテットの音を聴いた時、背筋がゾクっとしました。このスイング感!スゴすぎる‼
イントロきいただけてノックアウトです!私はただそれに乗っかって歌うだけで、目的地まで連れていってくれる感じ。
高鳴る気持ちをおさえつつ、指示を伝え、リハは終了。

実はこの曲は、11月にあるピアノ弾き語りの発表会でやるべく練習していた曲でして。
ピアノ弾き語り、ベース、ドラム、サックスという、今日と全く同じ編成。発表会とはいえ、プロの方を招き、本格的ライブ同様にやるのです。
そこで4バースの練習をしていたので、せっかくだからやってしまおう!と決意しのぞみました。

今日はピアノを弾かないだけ楽かな~なんて思ったら大間違い!
本番は、リハとは全く違いました(°_°)

1コーラス目、ボーカル、2コーラス目、サックスソロまではリハどおりでしたが…。3コーラス目は、ピアノの青木さんが的確な指示をだし、ピアノ、ドラム、サックスと次々にイレギュラーなソロが展開され、スリリングに盛り上がっていく‼どうなるの?
4コーラス目、私のところに、青木さんのアイコンタクトが、ドン!ときました。それを信じて私はスキャットすればよかったのですよね?
なのに、私ったら、あれっ?ベースのソロやってないけどいいのかな?なんて頭によぎってしまい、出る事ができませんでした…。悔やまれます(~_~;)
ベース成重さんの素晴らしいソロに助けられ、次からスキャットで4バースに加わり、テーマに戻ってエンディングへ。
この短い1曲の中で、私の頭の中はフル回転で稼動しましたが、処理速度追いつかず、途中から真っ白でした…。一流プレーヤーの即興的な反応の早さに脱帽です。

そういえば、この前のピアノのレッスン時に、ピアノソロ部分の最後の4小節はテーマを弾きなさいと言われましたが、先生!今日、その理由がわかりました。
ここで終わりです!としめして、次のコーラスの頭を明確すると、みんなが演奏しやすいからでしょうか?
違ってたら、すみません。
この日のソロも、皆さんそうなってました。実践はほんと勉強になりますね。恥もかきますが、身にしみるので確実にものにできます。
これからは、もっと積極的にセッションなどでも4バースを取り入れて練習してみようと思います。
サポートしてくださった、ミュージシャンの皆様、本当にありがとうございました。

そして、一緒にボーカルをつとめました、有坂由美さん、Doremi♪さん、ひろこさん。皆さん愉快で楽しかったです!ほんとよく笑いましたね。仲良くして頂き、ありがとうございます。

最後に、ご来場頂きましたお客様、あたたかく聴いてくださり、本当にありがとうございました。
更なる精進をしていきますので、応援をよろしくお願いしますm(__)m

そして、この機会を与えてくださった、サテンドールの井上社長、ブッキングしてくださった塚野様、感謝いたします。
ありがとうございましたm(__)m


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yuuwatahiki.com/tb.php/129-aa352189