歌うメッセンジャー「綿引ゆう」のブログ

ボーカリストの日常を綴っていきます。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。無料メルマガ配信中!

About me

こんにちは!歌うメッセンジャー、綿引ゆうです。
茨城在住ボーカリスト。Jazz,ポップスなど幅広く歌っております。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。
無料メールマガジン配信中!

バークリー北海道グルーブキャンプをおえて 

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

忘れないうちに書き留めておかなければ。

バークリー北海道グルーブキャンプに行って参りました。
6日間、みっちり音楽の勉強ができるなんて日常生活では皆無です。
幸せな日々ではありましたが、体力的には本当にきつかった・・・。
日々の課題をこなす事で精一杯で、娘連れて行ったにもかかわらず全くかまってあげられず、かわいそうだったなぁ。
私の必死の姿をみて、わがままも言わずに協力してくれました。
我が娘の成長に感謝!

バークリーの授業ってどんなものなんだろう?
それを日本で体験できるのならいいなと参加しました。
ボーカルの講師は、ガブリエルグッドマン先生。
とてもフレンドリーで、熱心に教えてくれるので、それに応えようと必死でついていきました。
イヤートレーニング、インプルービゼイション、リズムトレーニング、アンサンブルとか、
一応その時間でやるカリキュラムは決められていたようです。
でも、ガブリエル先生の授業は、
ボイストレーニング(発声)をやっていたかと思えば、インプルーブの要素が入ってきたり、
これはマイナースケールの音階でとか理論が入ってきたりと、とてもフレキシブル。
楽しく歌ってると、いつのまにかいろんな要素が身についてしまうという内容。
これが、バークリーメソッドなんでしょうか?
即興だからと身構える事もなく、ソルフェージュ苦手で嫌だなとか考える暇もなく、
学んでいけるのはとにかく楽しい!
これをずーっとやってたら、かなり成長できるだろうなぁ。
行ける条件が揃ったら、行ってみたいなバークリー。

そして、何よりエキサイティングなアンサンブルのクラス。
最終日のライブに向けて3曲仕上げる必要があったため、白熱したクラスでした。
先生からは歌詞の書いた紙を渡されるのみ。
譜面もなく、まずは元となるメロディーラインを覚えていき、どんどんアレンジが加わってくる。
即興で先生が作ったメロディを覚えているうちに、いつのまにか各々のパートが出来上がり、
そのうち曲としてまとまってくる。
と思ったら、ここはコレにかえて!とか、どんどん変更されていき・・・。
頭が整理できずぐちゃぐちゃになりながらも、なんとか形にしていくのです。
すごい!
聞いたものをすぐに歌う、覚える作業はとってもいいトレーニング。
そうやって覚えたものは、なぜか忘れないから、暗譜するために練習する必要がないのはいいですけど。

また、アンサンブルは一人じゃないので、隣で違う音を出してるところで正確な音をとるのが難しい。
幸い経験があったのですが、それでも同じパートが一人しかいないのはすごいプレッシャーです。
私はソプラノなので、メロディラインが多く比較的とりやすいパートで助かった!他のパートの皆様、脱帽です。
一人一人の役割をこなし、フォローしあい、メンバーのチームワークはとても強固なものになります。

ものすごい集中力が必要とされるため、終わったあとの疲労感は半端なし。
もちろん、あとで忘れてしまわないように、ボイスレコーダーは必須アイテムです。

今回のボーカル参加者は6名!と少なく、先生の指導が隅々まで行きわたり、一人一人丁寧にみてもらえたように思います。とてもラッキーでした。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yuuwatahiki.com/tb.php/108-3b04766b