歌うメッセンジャー「綿引ゆう」のブログ

ボーカリストの日常を綴っていきます。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。無料メルマガ配信中!

About me

こんにちは!歌うメッセンジャー、綿引ゆうです。
茨城在住ボーカリスト。Jazz,ポップスなど幅広く歌っております。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。
無料メールマガジン配信中!

「短いリハでいかに本番をやるか」@アップス発表会!

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

アップスでの発表会でした。

皆さん、それぞれの思いを曲に込めて演奏しているのが伝わり、それぞれの人生模様が現れていて、とても涙なしにはみられませんでした。
この音楽を愛する素敵な人達と繋がっている事が、私の心を豊かにしてくれるのですね。

私個人的には、今回は、
「短いリハでいかに本番をやるか」
にフォーカスしました。

的確に構成など説明し、合わせて、うまくいかなければ修正する。
たったこれだけの事ですが、
リハで、全てが決まるのです。
本番より集中して、頭をフル活動させないといけません。

サックス、ベース、ドラムが入った時にどうなるのか?
誰がどこを弾くのか、その割り振りが重要ポイント。

一度合わせてみて、どこをベースが弾くのか確認し、本番までに弾き方を考え直す…(汗)
練習してなんとかしよう!では間に合わないので、もうやるしかないと開き直り、本番にのぞみました。

そして、なんとかやり切りました。
冷や汗ものでしたが、やればできるもんです。
もっといい押さえ方があったかもしれないけれど、録音したのを後で聞いて、なんとか形になった模様で、ほっと胸をなでおろしました。

ベース、ドラム入りでやる機会が少なく、イメージができなかったのですが、やはりこれが入るとぐっと奥行きが広がるというか世界が変わりますね。
演奏していて本当に気持ちよかった!

サックスの堤さんとのDuo!
A-trainのソロ。

やりたかったこと、全部やりきりました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

テンポ出しとか、課題はまだまだありますが、前回よりだいぶ落ち着いて演奏できたことに、自分でも成長を感じました。

演奏のサポートをして頂きました
堤智恵子さん(sax),
安田幸司さん(B) ,
長谷川ガクさん(Ds)

総合プロデュースは我らの師匠、
中島明子さん(Pf.Vo)

学び多く楽しい一日でした。本当にありがとうございましたm(__)m






ミニアルバム作ります(≧∇≦)

Posted by 綿引 ゆう on

歌うメッセンジャー、綿引ゆうです^_−☆

「春までに、ミニアルバム作ります☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆」
もう決めました。

前からずっとやりたかったのですが、
情報ばっかり集めて、すっかり頭でっかちになって、
気づけば一歩も動いていませんでした。

ホントにできるのかなぁ。どのくらいお金かかるんだろ・・・。
と、ぐるぐる同じことばかり考えてました。

これじゃ、私らしくないじゃないの。
やるの?やらないの?
行動あるのみ(*^_^*)

という事で、

ミニアルバム作ります!
もう決めました、2回目(*^_^*)

一番のネックは資金面だと思われますが、それさえも超えられる気がしてきました。

いろんなこと仕切って、どんどん決めていかなきゃならない!
なんて刺激的なの。
わくわくすることをやらなきゃ、私らしくなくなっちゃうもの。
逆境であればあるほど、燃えてくるわぁ。

というわけで、
皆様、どんなアルバムができあがりますやら、ご期待ください☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ビートルズ攻略中!& 発表会に出ます!

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

歌うメッセンジャー 綿引ゆうです^_−☆

最近、BGM演奏が増えてます。
それが、私のやりたかったことの一つなので、とても嬉しい反面、
越えなければならない課題が山ほど・・・。
BGMにふさわしいレパートリーを早急に用意しないといけません。

ジャズが歌いたけど、ピアノが弾けないので、当面は却下。
練習して弾けるまでに、時間がかかりすぎて、とても間に合わない!(◎_◎;)

まずはポップスの曲数をたくさんやって、コードに強くならなければ。
コードをもっと、頭と手に叩き込んで、初見に強くなることが必須!
なぜなら、一般的なラウンジBGM演奏は、30分演奏が4回(私が弾かせてもらってるお店は30分が5回!)
これだけの曲を次々と演奏するには、レパートリーが最低でも100曲はないとね。
ゆくゆくはお客様のリクエストにだって、笑顔で応えられるようになりたいなぁ。

すぐには無理だけど、着々とレパートリーを増やしております。
毎日、新しい楽譜を作って、コードの確認。
まだ、即座に、コードの転回形が使いこなせない・・。
それに加えて、今までのレパートリーもおさらいしとかないと、どんどん忘れていってしまうし・・・。
消化不良ぎみですが、ぎゅーぎゅーつめこんでます。
でも、新しい曲増えるのは楽しいから、時間を忘れて作業してしまいます(*^_^*)

今は、ビートルズの曲、集中して取り組んでます。
なんといっても、お客様の受けがいいと感じるビートルズ。
コードがとてもシンプルなものが多くて、すごく弾きやすい!
なのに、とってもメロディーが美しく、心にしみるのですよ。
原曲だとキーがあわないので、移調して、歌いやすく、なおかつ、できるだけ黒鍵が少ないキーを探して・・。
これが一番大変な作業ですが、これさえ超えれば、シンプルなコードなので、とても弾きやすい。
しばらく、ビートルズにとりくんで、攻略してみようと思います。

あー、でもその前に、師匠の発表会で、バンドでの弾き語りがあった・・・。
そうそうたるプロのメンバーの方々と共演するチャンス。
悔いのない演奏をしたいから、そっちもやらねばなりませぬ。
今年は2daysですが、私の出演は、11/ 15(日)です。

私の偉大なる師匠、中島明子先生のレッスンにご興味ある方、ぜひ見にいらしてください(^o^)/



アトリウムコンサート、番外編

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

歌うメッセンジャー 綿引ゆうです^_−☆

アトリウムコンサート、番外編

昨日は、自分の気持ちしか書いておりませんでしたね^_^;

あのコンサートの舞台裏で、実はいろんな事がおこってたのですよー。


まず、当日朝、余裕をもって会場入りした途端、たいへんな事に気づく
!(◎_◎;)

楽譜一式忘れた∑(゚Д゚)

これは、どーいうことを意味するかと言えば、お察しのとおり、演奏ができないということ…。

今からうちに取りに戻れば、開演時間までにはギリ間に合うか~。でも、サウンドチェック、事前リハなど、全くできないよ~(T_T)

幸いにも、家族が在宅していたので、取り急ぎ車をとばして持ってきてもらう事ができ、事なきを得ましたm(__)m
ありがとう(T_T)
本当に冷や汗ものでした^_^;

リハ時間も短くなってしまい、共演の鈴木さんにも迷惑をかけてしまった。申し訳ありませんm(__)m

楽譜は1番大事なのにもかかわらず、なぜかうっかり忘れがちなもの…。
ほんと、代替え品などないのだから、絶対忘れてはいけません。
心に刻まなければ…。

それから、もう一つ。
私たち演奏者は、日々体調管理に気をつけ、最高の演奏ができるよう心がけてはおりますが。それでも、生身の人間ですから、突然体調を崩す事もあります。

今だからお話しできますが、共演のSaxの鈴木さんが急病で、この日の演奏もできるか危ぶまれる事態になっていました。

最悪、私がソロでやる覚悟をしました。何曲か曲を変更すればいいかと、不思議と心が決まり、穏やかに対処する事ができました。

いろんな心配をよそに、当日、元気に会場に現れ、体調不良だったとは思えない、素晴らしいSaxでお客様を酔わせる鈴木さん。
そのミュージシャンとしての姿に私もすごく感動しました(T_T)
本当によくやってくれました。
ありがとう、鈴木さん!

こんな事があり、無事に全ての演奏ができた事を、心より感謝しました。
直前までいろんな事があったけど、今できるベストを尽くそうと、そこに集中する事ができました。
どんな窮地でも、あきらめずに取り組む事で、最終的にはいい方向に進んでいくのね。
たくさんの人に支えられて助けられて生きてる。
そう感じられた事が、最高の収穫でした。

こんな事態の時、私が、ピアノを弾かないボーカルだったら、もっと慌てて代わりの伴奏者を探したり、メンタルの整理を含めたいへんな事だったと思います。
本当に、弾語りをやっていてよかった。1人で演奏する形を持っている事は、かなりの強みなのではないかと、改めて感じた次第です。

支えてくださった皆さん、ありがとうございました。

そして、水戸プラザホテルの大竹さん。
細かい心配り、嬉しかったです。
たいへんお世話になりましたm(__)m

11/3アトリウムコンサートを終えて

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

歌うメッセンジャー 綿引ゆうです^_−☆

アトリウムコンサート@水戸プラザホテル、無事、終了いたしました。
今回も、たくさんの方にご来場頂きました。本当にありがとうございました。



今回は出演が決まったのが10月半ばだったので、準備にあまり時間がなかったのですが…。
にもかかわらず、新曲を多数用意したくなってしまい、奮闘した2週間あまり。
ちょっと選曲、無理しすぎたかな…とも思いましたが、どうしてもやりたかったのです。守るよりは攻めていこうという気持ちでした。そして、無事にやりきる事ができて、ほんとに嬉しかったです。

私は、間違っても、ピアニストではありません。あくまでも、ボーカリストだと思っています。
自分の思うように歌いたいから、その伴奏としてのピアノをどうしても弾きたくて、弾き語りをしているのです。

思うように弾けなくて、毎日、葛藤し続けております。
「上手なピアニストに弾いてもらったほうが、絶対いいよ。」その言葉が、いつも頭をめぐります。

でもね、もう、うまく弾こうなんて思うのはやめました。ミスタッチも必要以上に恐れないで、自分の歌を歌おう。
私は歌うために弾いている!

そりゃ~、練習して少しでもピアノうまくなりたいとは思うし、その努力はもちろんするけれど…。

それよりも、自分の歌をうたう事にフォーカスしていきたいと思います。

こんな下手くそ、聴くに耐えないとお思いであれば、どうぞお見捨てください。

ですが、私も少しずつ、進化しております。もっと質の高い演奏を目指して、日々精進していきますので、静かに見守って頂けましたら幸いです。

今日の演奏を聴いて頂いた皆様、本当にありがとうございました^_−☆