歌うメッセンジャー「綿引ゆう」のブログ

ボーカリストの日常を綴っていきます。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。無料メルマガ配信中!

About me

こんにちは!歌うメッセンジャー、綿引ゆうです。
茨城在住ボーカリスト。Jazz,ポップスなど幅広く歌っております。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。
無料メールマガジン配信中!

思いがけない休日

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

北海道の旅2日目は、なんと!まさかの娘の発熱で始まった。
スキーや犬ぞりなどを楽しむ予定をすべてキャンセルし、小児科へ…。
クスリをどっさりもらい、ホテルで一日を過ごすことになりました。

明日からのグルーブキャンプ、行けないかも~と一時はかなりブルーになりましたが、娘の体調不良ではあきらめるほかなく。
今日はゆっくり過ごそうと決めました。
しかし、自宅と違い、パソコンは持ってこなかったからないし。ピアノもない。声だすにも、ホテルではねぇ。
いつも見ないテレビもつまらない。
暇をもてあまし、どーしよう。

そういえば、この斡旋してもらったホテルは、ちょっとしたスパがあって、宿泊者は利用できるのです。
クスリを飲んだら娘が寝てしまったので、1人でリラックスタイム。
広ーいお風呂にゆっくりつかって、上質なアメニティが使い放題!
こんなにゆったりと最近お風呂につかってなかったなぁ。
たまには、心が喜ぶことをしてあげないといけないんだなと改めて思いました。

こんな時間をくれた娘に感謝!
熱でもださなければ、一日旅先でホテルにいるなんて選択肢はなかった。
すこしでも時間があれば、何かしらやってしまう私。
詰め込みすぎて、見えなくなってることもあるのかなと。
この子にも、いつも窮屈な思いをさせてるのかな。
この先、どうやって歌を歌っていこうか。
など、自分を振り返り見つめ直す時間となりました。

スキーや犬ぞりは、来年やればいいんだし。
神様、今日の日をありがとう!

バークリー北海道グルーブキャンプ

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

北海道にやってきました。
グルーブキャンプというジャズセミナーに参加するためです。

今日はその第一日目。
レベル分けオーディションでした。
一分程度の自由曲、簡単な初見読譜テストがあると、事前に聞かされていました。
が、実際は、自由曲、ブルース、初見、コールアンドリスポンス(リズム、メロディ)、これはなんの和音かあてるとか、メジャーセブンをアルペジオで歌ってみて!とか、盛りだくさんな内容でした。
バークリー受験の時と、ほぼ一緒ですかね。
タイガー大越さんやその他の教授がテストするのかと思っていたけれど、今日は日本人の方ばかりでした。3名くらいいたような…。あまり覚えてないですが。なので、すべて日本語で行われました。
娘を連れていたので、テスト時に娘が入室できず1人で置いとく訳にもいかないな~と思っていたら、係りのお兄さんがドア付近で遊んでくれていたようです。助かった~。
一週間無事に受講できるかな。
今回は、事務局の方にも相談し、子連れで参加させて頂くことになりました。
実は、娘がどれだけ私に付き合えるかにもかかっています。
神様。どうか滞りなく無事に終えられますように。

明日は、唯一の休日。娘のためにたくさん遊んであげようと思います。

レベル分けとはいっても、いくつかあるグループのレベルが偏らないようにするためのもので、能力差で甲、乙、丙とわける訳ではないらしい。あまり、気負わなくてもよかったみたいです。
どんな風に進めていくのだろう。すごーく楽しみでワクワク!

明日はお休みで、火曜に開会式。
始まるのがまちきれません^_^




憧れの人に会いにいく②中島明子さん

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

その朝、私はぐずぐずと悩んでいた。
その①で書いたとおりに、私には憧れの一目お会いしたい人がいる。
その中島明子さんが、比較的近くで(といっても、車をとばして約2時間)弾き語りソロのライブをやるのだ。
行きたかった。ずっと行きたいと思っていたけれど。
このところ、体調がものすごく悪く、ただただだるい。やる気がでない。
音楽活動をはじめてみたものの、漠然とした行き詰まりを感じている。
私は、何がやりたかったのだろう。
ジャズを志してみたものの、そもそもジャズって何なの?
私は、ほんとうにジャズが好きなのだろうか?
答えのない問いが延々と頭の中をめぐる。
メンタル面、肉体的にも、パワーがなかった。

やる気などまるでなかったけど、とりあえずピアノの前に座り弾いてみた。
いつものテネシーワルツ。
弾き語りをしていると、何かが憑依したかのように、別の自分になれる。
自分の中の内なる声が聞こえるようになる。
「♪The beautiful Tennessee Waltz」
なんて美しい曲なんだろう。
なんて美しいんだろう、このコード進行は。
このアレンジが好きでたまらない。
何度も聞いているのに、毎回私の心が感動して揺れている。
これを書いた人に、会いたかったんでしょ。あなたは。
何を迷う必要があるの。
いいから行きなさい。

心の声に従い、出勤まえに突然行く事を決めた。
家族にも伝えていなかったし、車も借りないと行けなかったし、
何よりナビでみたら2時間半から3時間かかるって出てるし、東京より遠いのではないの?
道もよくわからないのに、よく行くって決めたよなと後から思った。
困難な状況ほど燃えてくるのが私の性格。
もう止められない。
娘はじいちゃんと遊びたいというから、じいちゃんに預けて、自宅を出たのは18時。
そこから、更なる試練がはじまるのでした。

続きは③で!


憧れの人に会いにいく①中島明子さん

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

なんと!
ついに、憧れの人に会えました。

弾き語りをしたいと思い、どうしてよいものかわからなかった時、
ある本に出会いました。
私にとっては運命の一冊。
JAZZ PIANO
HIKIGATARI The Best Of Standards
by Akiko Nakajima

CD付きのこの本。
「できるだけ簡単に、かっこよく」を念頭に作成されているということで、
ピアノをちょっとかじっただけで、かなりブランクのあった私にもとても弾きやすい。
しかも、ほんとにすごくかっこいい!
すぐに夢中になり、練習をはじめたものの、やっぱり歌いながら弾くというところで、
かなりの壁を感じて、むりかな?むりだよ・・・。
こんなの限られた才能のある人がやるもので、普通の人間のできる技ではない。
私、なんて無茶なことやろうとしてんだろ・・・なんて思ってました。

そんな私の心を察してか、
中島さんはVolume4(このシリーズ4まであります)の1ページ目に「はじめに」というメッセージを書いてくれています。
引用させていただきます。

「弾き語りはとても素敵です。自分でピアノを弾き、歌うのです。こんな自由なことはありません。
しかし、その自由を手に入れるために、一番重要なこと。それは「練習すること」です。
練習をしないでそれを手に入れることは不可能です。練習こそがあなたの弾き語りの夢を叶える唯一の方法です。
どうぞ、情熱を持って、練習に取り組んでください。セロ弾きのゴーシュのように・・・。」

これを読んで、私は泣きました。
目が覚める思いでした。
私は、「ただ練習する」というシンプルで確実な、それだけの事をしないであきらめようとしていたのかと。
できなくてもいい、少しづつでもいい。
練習した先になにがあるかはまだ見えないけれど、とりあえず歩き出してみよう。
私の背中を、後押ししてくれる言葉でした。

それからというもの、中島さんの本にかじりつき、ひたすら練習の日々。
セッションなど人前で弾いて、いろんな感想をいただいたり、試行錯誤の日々。

中島さんのアレンジはそれはもう素敵だけど、
ただ、楽譜通りに弾くんじゃなくて、自分のアレンジで弾けるようになりたい。
そのためにもコードを読めるようになりたい。
何より、もっともっと思い通りにピアノ弾けるようになりたい。
など、欲が次々とでてきました。

そんな時です。
中島さんが、なんと私の住む茨城でもライブ活動されているということを知ったのは。
もっと早く、なんで気づかなかったのだろう。
HPにもっと早くアクセスすべきでしたのに。何をやっていたのでしょう!

という訳で、次回、その模様を書きたいと思います。
中島さんへの思いが強すぎて、ついつい前ふりが長くなってしまいました・・・。
それでは、この続きはその②で!

修業の日々 その11〜14

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

しばらく更新が滞っておりましたが、弾き語り修業100本ノックまとめて活動報告します。

その11 3月1日 地元の文化会館のグランドピアノ解放日!
     広い音響のいいホールで気持ちよく練習。
その12 3月6日 B2セッション参加
     なぜかボーカルばかりが集まったこの日。そんなひもあるのね。
その13 3月8日 ヤマハのスタジオでグランドピアノを借り、親子で練習。
     明日の発表会に備えてのはずが、なんと楽譜を忘れるという大失態!
     本番じゃなくてよかったーーーー。猛反省です。先生ごめんなさい。
     もしものためにも、暗譜は必須だと学びました。(当たり前です・・・)
その14 芸術館のレストランで、ピアノ発表会
     セッションとは違う雰囲気に、へんな緊張感。冷や汗で手が冷える・・・。
     ふわふわと心もとない演奏になってしまった・・・。
     弾くことに集中してしまい、余裕をもって歌えなかった・・・。まだまだ修業がたりない・・・。
     講師の方々のピアノの音色は、全然違うなぁと痛感。
     ずっと前に買って手を付けてなかったジャズハノン、やりはじめようかな。

そんなこんなで、試行錯誤の毎日でございます。
明日は、ブルームーズで女性ヴォーカルのイベントに出演予定!
ピアノ弾き語りで、4から5曲くらい演奏します。
うちで弾いてるみたいに、リラックスしてひけたらなぁ。
自分の演奏に集中できるよう、頑張ります。
お時間ある方、ぜひお越し下さいね。
3月16日日曜日
19時より @ブルームーズ(大工町)

今、旅立ちのとき・・・。

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

「♪いーつのーことーだかー おもいだしてごーらんー
 あんなこーとー こんなことー あったーでしょー♪」
娘の卒園式でした。
あんな澄んだ声でこの歌を歌われたら、溢れ出る涙を抑えることができません。

あまりにも大変すぎて、もう早く子育てから解放されたい・・・。
なんて弱音をはいてばかりの毎日で、けしていい親とはいいがたい私。
そんな私に親としてこんなご褒美が用意されているとは。
「おとうさん、おかあさん、あなたはこの6ねんかんわたくしたちにすべてのあいじょうをかけ、りっぱにそだててくれました。ありがとうございます。」
娘より、しっかりしたひらがなでかかれた直筆の感謝状をもらいました。
自分たちで作ったという手作りのクッキーまでそえられて。
今までのすべての苦労も葛藤もどこかへ行ってしまい、明日からまたはじまる日々への勇気がわいてきました。
この先どんなことがあっても、この子だけは立派に育て上げなければ・・・。
しっかりと、自分の中で決意をいたしました。
しかし、よくここまで大きくなったなぁ。
母としての役割を与えてもらったことに、感謝した一日でした。