歌うメッセンジャー「綿引ゆう」のブログ

ボーカリストの日常を綴っていきます。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。

About me

こんにちは!歌うメッセンジャー、綿引ゆうです。
茨城在住ボーカリスト。Jazz,ポップスなど幅広く歌っております。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。
ジャズの好きな方も歌の好きな方も、ゆっくりくつろいでいってくださいね。

バークリーオーディション3(インタビュー)

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

実技が終わり、次は別室でインタビュー。

今回は男性の面接官でした。
主に、ホームページにのっている質問だったので、慌てずに答えることができました。

・あなたは、バークリーに何を持ってきてくれるの?
・これまでの経歴は?

など、だったと思います。

もうすでに、応募書類の中で書いているようなことなので、
内容がどうというより、英語力はどうか?とか本当にやる気があるか?とか、
その辺をみられているのかなと思ったりしました。

あっという間に終了。
今回は、待ち時間も少なくスムーズだったので、昼前にはすべて終わり。
あとは、結果を待つのみ!



バークリーオーディション2(ブルース、コール&リスポンス、初見)

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

次は、ブルース。
シェリルさんが、キーとテンポを聞いてきて、
キーはCでといったらこんな感じ?とかいって、「ルート66」を弾きだした。
このくらいのテンポでといったら(たぶん四分音符=170くらい)、
「ずいぶん早いのね」とかいわれ、
すこし練習していたものより、ゆっくりでやることになった。(140くらい)
3コーラスくらいうたったと思う。
ブルースにもいろんなイメージがあるんだなと思った。
私は、C JAM BLUSE のイメージで練習していたけれども、
全く違う感じになっていたかも。
シェリルさんのギターがすばらしく、それにあわせて歌っているとどんどんイメージがふくらんできた。

次は、私がひくからそれをまねしてね。テニスみたいな感じよ。
英語は敬語がないので、とってもフレンドリーな雰囲気に感じる。
ギターの音をリスポンスしたのは初めてでしたが、
わりとききとりやすかったです。
最初は簡単なものから、どんどん難しくなっていき、最後の方はもうちゃんと歌えたかわからない!

次は、初見。
WARM-UPで事前に見た楽譜のうち、1番、2番を歌った。
1番は、歌詞なしのメロディのみのもの。
シェリルさんがコードを弾いてくれたので、歌いやすかった。
2番は、歌詞つきのもの。
これも、伴奏をひいてくれたが、なんとシェリルさんが、コードを間違えたらしく、
ごめんなさい!と弾きなおした。
タイガーさんが、「きみが緊張してるのかい?」と笑って、
シェリルさんも、「頭がまっしろになっちゃって・・・ごめんね。」

なにげない会話ですが、ちゃんと意味がわかったし、
一緒に笑ったりしてふれあえたことが、とてもうれしかったなぁ。
この教授たちも、同じ人間なんだと感じました。
緊張もどこかへふきとんでしまい、
いつもどおりには歌えたのではないかと思います。
教授たちの反応も、まずまずに感じました・・。私の思い過ごしでなければですけど。

ピアノを弾かせてもらえませんか?
ともう一度お願いしてみたが、時間ないと断られていまい、残念!
去年、ウクレレ弾き語りをさせてもらったので、できるとばかり思っていた。
かなり練習したので心残りではありましたが、
他でもうだしきったので、もういいかなと思えました。