歌うメッセンジャー「綿引ゆう」のブログ

ボーカリストの日常を綴っていきます。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。

About me

こんにちは!歌うメッセンジャー、綿引ゆうです。
茨城在住ボーカリスト。Jazz,ポップスなど幅広く歌っております。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。
ジャズの好きな方も歌の好きな方も、ゆっくりくつろいでいってくださいね。

 気功体験しました

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

なんと、今習っているピアノの先生が、気功を教えているというのです。

針の先生にも勧められていた気功。
前から興味があったものの、なかなかその機会に恵まれませんでした。

それが、なんと身近なところでやってる方がいたなんて!

早速、レッスンの後で、呼吸法と簡単なポーズを30分くらい教えていただきました。

本当にシンプルに、ゆっくり呼吸をする。
ただそれだけなのに、どこか異次元空間にトリップでもしたかのような感覚。
頭がすっきりして、リラックスしてる感じがします。
体があったかくなるし、幸せな感じ。

簡単で、どこでもできるのがいいですね。
毎日、少しでも続けてみよう。

その先生は、杉本ゆみさんといいます。
先生のブログです。 おとのはじっけんしつ
はじめてレッスンを受けたときから、悟りでもひらいているような穏やかさを感じました。
気功に携わっていると聞いても、そういう感じだなと納得してしまう。
人間的にも、本当に魅力的な先生です。


Wow! 拍手がついてる!

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

さっき、ブログ更新して気がつきました。

なんと、私のブログに拍手がついているーー!!

読まれていることなど、あまり意識しないで書いていたところもあり、
ほんとにビックリです。
すっごく嬉しい!

すごく身近な方だったりして。
とにかく嬉しいです。
ありがとうございます

何がおこるかわからない!

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

先日の、レッスンで、いつものように音源にあわせて歌い始めました。
すると・・・。

なんか、息が苦しい?
けど、最後まで歌いきらなければ・・。
息が思うように吸えないまま、ようやく最後まで到達。

確かに、緊張していたのかもしれない。
先生に自分で作ってきたソロの部分をきかせるのが初めてだったから?
ライブなどでも、なったことなかったし。
はじめてのことに、自分でも少し動揺してしまった。
本番でも、こんなことがあるのかも・・・。

後で、録音していたものを聞き直したら、そこまでひどく歌えていない訳ではなかった。
少しほっとする。
もっと落ち着けば、いつもに近づくことができたかもしれないなぁと思った。

何がおこるかわからない!
もう、いつも通りにいかないことを想定して、その中でベストを尽くすしかない!

これまで、この曲にどれだけ取り組んできたか。
たった3分足らずの短い時間だけど、そこでいかに普段の自分をだしきれるか。

どれだけ練習したかが、自分の自信になる。
練習は裏切らない。

その言葉を信じて、練習しよう!



やればできる!

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

「Have you met miss Jones?」

バークリー受験のために,ピアノ練習中のこの曲。
先生が私に「この曲いいんじゃない?」と選んでくれたのは約1ヶ月前でした。

先生自身が、バークリー在学中に試験で弾いた曲で、
教授たちにとりわけうけがよかったそうです。
何でも、弾き終わった後、教授たちが「YEAH!」と盛り上がったらしいです。
日本のテストなら、考えられないことですよね。
たぶん、先生の演奏がすばらしかったんだと思いますけど・・・。

DAVE MCKENNA(デーブ マッケナー)というピアニストが弾いたものをトランスクライブして、
先生がきれいに楽譜にしてくれたものをいただきました。
ピアノ科の人は、こんなに早い曲をトランスクライブして、テストに臨むんですね。
しかも、だいたい1ヶ月くらい前からの準備で、弾きこなすようです。
「私にできるのかな?ピアノそこまで自信ないんですけど・・・」

デーブマッケナーの音源を聞いて、「YEAH!』の意味を理解しました。
きいてるだけで、心が躍るというんでしょうか?
こんな世界を表現できたら、それはほんとに楽しいことだなぁ。
とりあえずやってみるか。万が一にでも、手に入れられたらすごいことだしね。

そんな感じで、譜読みをはじめましたが・・・。
最初の2週間くらい、ほんとに苦しかったぁ。
かなり本腰をいれて練習しているのにもかからわず、ちっとも弾けるようにならないし。
もう無理なんじゃないかと、くじけそうでした。

そんな私に、先生は明るく、
「これ弾けたら、きっと楽しいよ!大丈夫。大丈夫!」
と、言い続けてました。

そしたら、ある日突然、驚くばかりに、ミスタッチが減り、だいぶ形になってきました。
少し、弾けるかもという気分にはなりましたが、
あのグルーブ感を出すなど、楽しげなあの雰囲気など表現するとこまで、できるのかな。
まだまだ、自信がぜんぜん持てません。

とにかく左手のベースラインを繰り返し練習。
2と4アクセントをたたきこむ。
そうしないと、右手に集中できないので。
寝ても覚めても、ベースラインのメロディーが頭の中に流れていました。

そして、ある日突然、右手を弾いても、左手のベースラインの乱れが少なくなってきたんですね。
自分でも、びっくりしました。
できなくても、繰り返し練習する中で、何かが変わってきて、突然できるようになったように感じる。
これを何度もこの曲の練習で体験しました。

今まで、このくらいひとつのことに執着して取り組むことがあったのかな?
何かつかむ前に、できないと決めつけ、勝手にあきらめていただけかもしれない。

それに気付いたら、練習などつらいものではなくなるんですね。
練習したらできた!という、たったそれだけのことです。
文章にすれば。

でも、自分の中の、やればできる!確固たる自信は、ゆるぎない糧となって蓄積されていくのです。
その積み重ねが、私の未来を作っていくのですね。

この曲を私に弾くように勧めてくれた先生に、本当に感謝します。
試験まであとわずかですが、できる限り、取り組んでいこうと思います。

Transcribe

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

ただひたすらに、トランスクライブに明け暮れる。
バークリーの試験で歌う、自由曲のソロの部分、ブルースなどの準備のために。

耳で聞いて、かっこいいなと思ったフレーズを、譜面にしてみる。
音符にすると、なぜか特別にすごいフレーズに見えないのに。
それを歌ってみたり、ピアノで弾いてみると、すごく難しくて、何度も練習しないと演奏できない。
楽譜には表せない、アクセントとかノリとか、それを体にしみ込ませないと、真似すらできないんだなぁ。

楽譜なんて、だいたいこんな感じと書いてあるくらいなのか。
あとは、演奏する人の表現次第かぁ。

なんて、余計なことを考えていないで、練習しよう!

目をつぶって、ピアノをひいてみました。

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

バークリー試験のため、ピアノを練習しています。

グルーブを出すのが、ほんとに難しい。
頭ではこうだと思い描いても、力が入ってしまい、思うように音にならない。
ほんとに煮詰まってしまい、どうアプローチしたらよいかなぁと悩んでいました。

そんなとき、ヒントになったのは、鍼灸院の先生。
全盲のその先生は、針のさし方も独特。
肌に触れるか触れないかのところで手をかざし、患者さんの体をスキャンするかのようにして、
体調をまず把握しているようだ。針もいつさしているかほとんどわからない。
どこが悪いとか何もいわないのに、治療後には不思議とよくなっている。
指先の感覚が非常に優れている先生。
あの人並みはずれた感じに、少しでも近づきたいと思いました。

目を閉じてピアノの前に座っただけで、すごく怖い!
けど、試しにやってみる。
練習してある程度覚えていれば、結構、弾けるものなんですね。
ただ、指先が鍵盤に触れる感じのみに頼るので、できるだけ鍵盤から指を離したくない感じ。
視覚が遮断されると、すべてを音に集中できる感覚はありました。
微妙なタッチで音色が変わるのが、すごくよくわかる。
何か変われるかもと直感的に思いました。

ちょっと、これを練習に取り入れてみよう!

HAPPY NEW YEAR! 今年の抱負

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

あけましておめでとうございます!

ライブ後、しばらくブログを更新していませんでしたが、
元気にやっておりますよ。

昨年は、本当にいろんな初挑戦をしました。
まずは、バークリー受験。
英語と格闘しながら、ショートエッセイ書いて、受験の手続き。
ジャズって何というところから手探りでジャズを歌い始め、
ブルース、スキャットなんかもやって、
英語での面接も受けたのでした。

そして、英文での合格通知!
ほんと、うれしかったな。

秋には、ジャズボーカルコンテストに応募するため、レコーディングをし、
音源審査に通過。
2次予選での大舞台で歌うことができ、度胸もだいぶついてきたかも。
本選にはいけなかったけど、たくさんのすばらしいボーカリストさんをみて、
すごく勉強になったし、いろんなことを考えました。

そして初のリーダーライブ。
本当に、この一年の集大成というべき、すべてをこれにかけることができました。
自分でイメージしたものがほぼ実現できたことは、すごく自分の自信になったと思います。
まだまだ課題も山積みですが、少しずつでも前進できたことに、満足しています。
サポートしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

今年の抱負としては、
・バークリー奨学金獲得!
・出来る限り、リーダーライブをする
・新しいジャンルへのチャレンジ(ボサノバなど)
・ピアノで弾き語り

2月の頭にある、バークリーの試験までは、その勉強に専念したいと思います。
それ以後は、ライブ活動がたくさんできるよう、努力していこうと思いますので、
今年も、引き続き、応援をよろしくお願いいたしま~す