歌うメッセンジャー「綿引ゆう」のブログ

ボーカリストの日常を綴っていきます。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。

About me

こんにちは!歌うメッセンジャー、綿引ゆうです。
茨城在住ボーカリスト。Jazz,ポップスなど幅広く歌っております。ピアノ弾き語り、作曲など更なる進化を求めて邁進中!次々に変貌をとげる「綿引ゆう」をお楽しみください。
ジャズの好きな方も歌の好きな方も、ゆっくりくつろいでいってくださいね。

レコーディング In カラオケBOX

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

レコーディングしてきました!
といっても、カラオケボックスでですけども。

先日のコンテスト、最終予選での楽屋での会話。
「ねぇ、コンテスト用の音源ってどうやってとった?」
「バンドの仲間に頼んで、普通にとったけど・・・。」
「私も。私も。」
「私は、先生のご自宅で、ギタリストさん頼んでとったよ」←綿引です。
「私は、カラオケボックスでとりました。」
「え----!どうやって?」←綿引です。

最近は、カラオケボックスで、カラオケにあわせて歌いながら録音し、CD作れちゃうサービスがあるんですね!
知らなかった!
キーもテンポも変えられるし、視聴してダメなら消して、何度でも取り直しできちゃいます。
「アレンジのシンプルなものを選べば、けっこういい音源取れますよ!」といっていたっけ。

本当に、久しぶりにいきました。カラオケボックス!
機械の操作もよくわからず、あれこれきいて、やってみました。
でも、ジャズの曲もけっこうカラオケにはいっているんですねぇ。
もとの音源を知っているものはいいけど、知らないのはあわせるのが大変!
ルバートの曲なんては、ぜんぜんあわない!・・・。当たり前ですが・・・。

試行錯誤の結果、小林桂さんのNight and Dayにしようと決定。
この音源は持っていて、きいたことがありました。
キーを♭7にして、テンポはこのままでいいかな?と調整。
一度歌って、視聴してみる。
うぉ-いい感じ!ビックバンドで歌ってるみたい!
何度かとって、いいのをCDにおとしてきました。

2時間のお部屋代とCD代込みで1400円くらい。ちょー安いです。
できあがりもまずまずですし。
早く誰かにきかせたい-!

memorize(覚える)

Posted by 綿引 ゆう on   2 comments   0 trackback

いよいよ初ライブがせまってきています。

だいたいの選曲、曲順などが決まりましたが、アレンジや構成などまだまだつめなければいけません。
そして、歌詞を確実に覚えて、心から楽しんで歌えるようにしなければ。
それが、今の私の最もしなければいけないこと。

しかし、メロディはすぐ覚えて忘れないのに、
歌詞って覚えるのに時間かかるにもかかわらず、すぐ忘れてしまうのはなぜ?
わたしにとって、第一言語でない英語だからなの?

何度も、ノートに英語の歌詞を書いて、音読。
繰り返し練習して完璧!と思っても、ふっと抜けてしまうこともある。
引き続き、書いて音読、書いて音読。

イメージを加えると脳に定着しやすくなるっていってたから、試してみたり。
「Skies are blue→空は青い,Blue birds fly→青い鳥が飛ぶ」とか歌詞を日本語に置き換え、
頭の中に青い色とか、鳥が飛んでるところとか思い浮かべてみたら、
けっこううまいこと覚えられるような気もします。

なんか、英語の勉強とそっくりなんですけど・・・。
この調子で英語の歌詞を覚えていったら、すんごく英語できるようになっちゃうかも!

お医者様とのセッション

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

私のかかっているお医者様が、なんとジャズをやっているというので、
12月のライブのチラシとCDわたしてきました。

そうしたら、私の歌をとても気に入ってくれたようで、
Facebookでお仲間に私のことを紹介してくださり、
「今度、セッションやるので、いらしてください!」
と誘ってくださったのです。

事前に渡されたメンバー表をみたら、ほぼ全員お医者様。
有名医大の教授に就任される方がいらっしゃるので、その祝賀会をかねてとのことでした。

わぉ-!私なんかが行ってもよいのでしょうか?
期待と不安がいりまじり、向かった先は、昔の小民家のようなたたずまいのお蕎麦屋さん。
グランドピアノとドラムセットがセットしてあり、普段から演奏会などひらかれているようです。

面識がない方が多かったようで、最初に簡単に自己紹介をして、始まりました。
みなさん、ほんとにお医者様なの?というくらいプロ並の腕前!
ピアノ、ギター、ベース、ドラム、トロンボーン、サックス、フルートなど、いろんな音を楽しみました
ほんとに、久しぶりにブルースなんてやってしまいましたし・・・。

ボーカルは私一人というのもあり、ライブのようにたくさん歌わせていただきました。
セッションって、はじめて会った人でも、心が通い合えるようなそんな魅力があります。
普段なら、恐れ多くて話すことすらできない方々ですが、
ジャズを通じて交流できるなんて思ってもみませんでした。
どの方も、本当にジャズが好きで、音楽を楽しんでるんだなぁと感じました。

五十嵐先生!また呼んでくださ-い!

ピアノ習い始めました!

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

去年、バークリーを受験した時、
「ピアノ弾きますか?」と聞かれました。

本来、ボーカルの場合、自由曲1曲とブルースを演奏することになっています。
私がウクレレを持って部屋に入ってきたので、審査する先生たちは不思議に思ったみたいで・・・。

「ボーカルだよね????」
「はい!もし、お時間あれば、もう1曲ウクレレで弾き語りしたいんですけど・・・。」
「あーそーなんだ。いいよ。ひいて!」

というわけで、ウクレレ弾き語りで、「涙そうそう」も演奏しました。

その後、
「ピアノは弾く?」ときかれたんですよ。

さすがに、ピアノまでは用意していなかったので、ひけませんでした。
でも、なんか損した気分になり、ピアノも1曲くらいひけるようになっときたいなと思ったんです。


それから、ずいぶんたってしまいましたが、やっぱりピアノやろうと決意しました。
次のバークリーの試験では、ピアノ弾いてみよう。
あまり時間もないのですが、やれるとこまでやってみようと思います。

子どものころ、音楽高校、専門学校でも、クラッシックのピアノを習っていましたが、サボってばかりでまじめに取り組んでいませんでして・・・。

でも、やり始めて少しひけるようになると、ピアノもすごい楽しいなぁ。
音楽の幅も広がりそうな気がするし、チャレンジしていきたいと思います。

ヴォーカリストの資質

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

ジャズを本気でやろうと決心して、約1年くらいでしょうか?
続けていく過程で、いろんなことがあります。

私の歌に、思ってもいないような高評価をいただいたり、
でも、その翌日には、綿引ゆうという人物まで否定されてしまうような酷評もあったり。
私が歌うことで、いろいろな影響があるんだと実感します。

どんなにいい評価をいただいても、有頂天にならずに謙虚でいられるか。
どんなつらいことがあっても、納得できないことがあっても、平常心を失わず、笑顔で歌い続けられるか。
ヴォーカリストとしての資質を、神様に試されているのかな?

「失恋とかつらいことがあると、逆に歌いたくなるんですよ
なんていうシンガーさんに会ったことがあります。
そのたくましさ、羨ましい限りです。

精神的に追い込まれると歌うことが辛くなり、ついつい日々の練習をさぼりがちな私。
もっともっと強くたくましくならなくては!


ライブの曲選び

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

そろそろ、ライブの曲の構成を決めなければ・・・。
だけど、私の数少ないレパートリーから、2ステージ分歌う曲を選ぶのは、至難の業です。

今まで、バラードばかり歌っていたので、曲がみんな似たような曲で・・・。
しかも、キーがA♭が多いし。
同じキーの曲が続かないようにして、メジャー、マイナーをバランスよく入れて、三拍子、四拍子など、拍子やリズムも同じにならないようにして・・・。
なんて考え出したら、ほんと決まりません!

ライブをするには、いろんな種類の曲を用意して、お客様を飽きさせないようにしなくてはいけないんですねぇ。
見てるのとやるのとは大違い。

もっと、幅広いジャンルの曲をきいて勉強します!!!

COLE PORTER

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

コンテストの総評で、その人にあっていない曲を歌っている人がいたというのがありました。
今まで歌いたい曲を歌ってきましたが、コンテストなどに強い曲というのもあるらしいので、
先生と相談して次にやる曲を決めることに。

コールポーターの曲から4曲見てくることになりました。
最終予選のメンバーの曲をみると、コールポーターの曲歌っている人、5人もいました。
16人中5人が歌っているとは、コールポーター率高いですよね。びっくり!!

コールポーターの曲ってメロディがとても美しいのですが、音程がものすごく難しいのね・・・。
うまく歌うことができれば、かっこいい曲ばかりです。音取り、がんばらなきゃ!

最終予選

Posted by 綿引 ゆう on   0 comments   0 trackback

さいたま副都心ジャズボーカルコンテスト、最終予選に行ってきました。
結果は、残念・・。応援してくれた皆様、ごめんなさい

でも、いろいろなボーカリストをみることができて、すごくいい勉強になりました。
あの実力者ぞろいのメンバーの中に入れたことは、本当に光栄なことです。
プロでステージを数多くこなしている人は、もうパフフォーマンスがぜんぜん違いますね。
私に足りないものが数多く見つかりました。
くじけず、またチャレンジしたいと思います。